時間を忘れることもしばしば

(価格改定)ヴィクトリア 太陽の沈まない帝国 withレボリューション【完全日本語版】/サイバーフロント
¥5,250
Amazon.co.jp

スウェーデンのパラドックス社作製の国家経営シュミレーションゲームのベストセラーです。

パラドックスのゲームでは「ハーツオブアイアン」シリーズの方が有名ですが、

こちらの方が純粋に内政面の設定が細かく、自分には相性が良いようです。

たかがゲームとあなどってはなりません。
あまりに細かい設定の数々はさまざまな気づきを与えてくれます。

自分の場合は

・先進国の富の源泉は、本国の産業革命を得た工業が生む「付加価値」であって、

 「植民地」ではない。

・外交レベルの失敗は、軍事レベルで挽回することはできない。

・日本が温暖で豊かな土地という最高の「資源」を持つ。

・土地の豊かさ、人口の多さ、国民の同質性の高さ、教育水準の高さなどに恵まれた

 日本は恐るべき潜在力を秘めた、生まれついての大国である。

などの点に思いが至りました。

覚えることが多い為、楽しめるまでの敷居がちょっと高いですが、

挑戦する価値は十分あります。

時間を忘れていくらでもやれてしまうのが難点。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

守谷市議会議員 すえむら 英一郎

守谷市議会議員 すえむら 英一郎

誕生日:1977年9月20日
居住地:茨城県守谷市
学歴:つくば市立 茎崎第3小学校→守谷市立けやき台中学校→江戸川学園取手高等学校→立教大学文学部
趣味:読書、洋画鑑賞、犬の散歩、美味しいラーメン店の探索

2012年3月より、守谷市議会議員として市政に携わる

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る