非生産的な議論

公式ホームページはこちら!
すえむら英一郎公式ホームページ-https://i0.wp.com/suemuraeiichiro.com/wp-content/uploads/blog_import_5396ab6203b4a.gif

script_topilog,http://jss.afpbb.com/mbsv/sdata/medianewsdelivery/msnsankei/ameba/js/utf8/110142000/5e83a26cc52345b2025d45a5901f202c_1e971d288e542f19a21220145691c8d5.js

野次というのは、その内容はきちんと記録に残りません。

その為か、少なくとも内容に関して、責任を問われないことが多く、実に無責任です。

また、普通反論も成り立ちません。

よって論理的・建設的な議論は成立しません。

上記は至極当たり前のことなのです。

しかし、それがある種のテクニックのように捉えられ、

あるのが当たり前のようになっている現状に驚愕を覚えます。

これでは、たとえば学校での授業中に態度の悪い子供などを叱れませんよね。

しかも、これは議会での話なのです。

私も他山の石とすると共に、なるべく多くの皆様に議会や委員会の傍聴に来て頂きたいと願います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

守谷市議会議員 すえむら 英一郎

守谷市議会議員 すえむら 英一郎

誕生日:1977年9月20日
居住地:茨城県守谷市
学歴:つくば市立 茎崎第3小学校→守谷市立けやき台中学校→江戸川学園取手高等学校→立教大学文学部
趣味:読書、洋画鑑賞、犬の散歩、美味しいラーメン店の探索

2012年3月より、守谷市議会議員として市政に携わる

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る