安心して批判できる相手

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20121125-OYT1T01018.htm


目立とうと・昔の事件まねた…信金立てこもり

愛知県豊川市の豊川信用金庫蔵子(ぞうし)支店の人質立てこもり事件で、逮捕された長久保浩二容疑者(32)が愛知県警豊川署の特捜本部の調べに対し、「昔の銀行立てこもり事件をまねた」と供述、動機については「目立ってやろうと思った」と話していることがわかった。

特捜本部は、手口や供述などから1979年に大阪市で起きた三菱銀行猟銃人質事件を模倣した可能性があるとみて、犯行に至る経緯や動機の解明を進めている。

 捜査関係者によると、長久保容疑者は23日未明に逮捕された直後の調べに、「野田内閣を退陣させたかった」と供述。籠城中は交渉役の警察官に、野田首相をテレビに出させ、辞任表明をさせるよう要求していた。24日頃からは「自暴自棄になっていた」と供述。「立てこもり事件を起こし、目立ってやろうと思った」などと話し始め、「昔の銀行立てこもり事件をまねた」と供述しているという。

2012年11月26日07時31分 読売新聞)


野田内閣の退陣要求を出していたとの事。
どこまで本気だったかわかりません。自暴自棄になるまでに何があったのかもわかりません。
何かしら社会に対して不満を感じる、社会のせいにしたくなる心理だったのかもしれません。

海外でも人質立てこもり事件が発生することはありますが、例えばロシアなどの場合だと、すぐさま強行突入されて射殺されてもおかしくないと感じます。
今回の事件では、マスコミのカメラの前に堂々と身をさらしたり、うたた寝をするなど油断していた面もあるようです。
当人としては、ロシアの政府のような対応は日本は絶対にしてこない確信があったのだと思います。

野田内閣の退陣要求をし、社会を批判していながら、射殺命令などの乱暴な事は絶対にしてこないと安心しているわけです。
内心で信頼しているからこそ、安心して批判もできるというわけですね。
そのような意味でとても卑劣な心理状態だと思います。

不満を訴えるなら他にいくらでもやり方はありますし、社会を変える前に己を変えた方が早かろうとも感じます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

守谷市議会議員 すえむら 英一郎

守谷市議会議員 すえむら 英一郎

誕生日:1977年9月20日
居住地:茨城県守谷市
学歴:つくば市立 茎崎第3小学校→守谷市立けやき台中学校→江戸川学園取手高等学校→立教大学文学部
趣味:読書、洋画鑑賞、犬の散歩、美味しいラーメン店の探索

2012年3月より、守谷市議会議員として市政に携わる

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る