平成25年第2回定例会終了しました

本日は第2回定例会の最終日。
議案に関する討論や採決が行われました。
いずれも賛成全員または賛成多数により採択されました。

http://www.city.moriya.ibaraki.jp/gikai/teirei_rinji/25/2/teisyutugian2502.html

議案第33号 守谷市消防団条例の一部を改正する条例
※消防団員の資格として市内「在勤」までOKとするもの。
議案第34号 守谷市緑の保全と緑化の推進に関する条例及び守谷市景観法の施工に関する条例の一部を改正する条例
※緑の審議会と景観審議会を合同するもの。
議案第35号 守谷市営住宅管理条例の一部を改正する条例

※市営住宅の入居者選考において、生活困窮度合の高い方を優先するようにするもの。
議案第36号 平成25年度守谷市一般会計補正予算(第1号)
生活保護システムの改修、Jアラートシステム整備、参院選の際の投票用紙読みとり機増設など。

また、B型C型肝炎患者の救済に関する意見書も採択されました。国の関係機関に対して、肝炎対策基本法に基づき、必要な法整備や予算措置などを求める内容になります。

また、新しい試みとして、今定例会にて「決算・予算特別委員会」が設置されました。これから9月議会までの間に調査・研究を行い、常任委員会を母体とした分科会において、事務事業評価を行っていきます。

【評価対象事業】
総務分科会   ・・・アーカスプロジェクト参画事業
             市内循環バス運行事業
都市経済分科会・・・放置自転車対策事業
             防犯対策事業
文教福祉分科会・・・夕べのコンサート事業
             給食センター生ごみ堆肥化事業

予算規模の大きなもの、小さなものさまざまありますが、予算規模が小さいからこそ評価が甘くなっているものもあるかもしれません。
評価・議決を通じて、執行部に対する対抗要件を作っていく。
内政的ですが非常に意義の深いものだと考えています。

また、個人的な話ですが、一般質問において取り上げさせていただきました、動物愛護に関する協議会の設置に関して、非常に大きな前進がありました。
手探りになるでしょうが議会終了後、ただちに動き、形にしてまいります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

守谷市議会議員 すえむら 英一郎

守谷市議会議員 すえむら 英一郎

誕生日:1977年9月20日
居住地:茨城県守谷市
学歴:つくば市立 茎崎第3小学校→守谷市立けやき台中学校→江戸川学園取手高等学校→立教大学文学部
趣味:読書、洋画鑑賞、犬の散歩、美味しいラーメン店の探索

2012年3月より、守谷市議会議員として市政に携わる

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る