みんなの党街宣活動

本日は、守谷市内をはじめとして、つくば市、牛久市など近隣各市において、みんなの党の政策を訴えさせて頂きました。

市村取手市議会議員、海野阿見町議会議員も共にマイクを握って頂きました。

みんなの党の川田龍平参議院議員は、福島第1原発事故被災者の健康不安や避難生活の負担解消を目指す「子ども・被災者支援法」の成立に非常に尽力致しました。
法の成立から約1年が経過していますが、国が前提となる基本方針を定めていないため、具体的に動き出しておらず、被災者に支援が届く日は見通しが立っていません。
見通しが立たないため、故郷に戻るか、避難先に移住するか苦しみながら悩んでいる方がたくさんいらっしゃるようです。

この状況を打開するためにも、来月予定の参議院議員選挙は大きなチャンスでもあると思います。
まずは「子ども・被災者支援法」を知って頂き、皆様の声によりお力を頂けたらと思います。

参議院全国比例区は政党名または
個人名を書くことができます。
(川田龍平参議院議員は全国比例区より出馬予定です)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

守谷市議会議員 すえむら 英一郎

守谷市議会議員 すえむら 英一郎

誕生日:1977年9月20日
居住地:茨城県守谷市
学歴:つくば市立 茎崎第3小学校→守谷市立けやき台中学校→江戸川学園取手高等学校→立教大学文学部
趣味:読書、洋画鑑賞、犬の散歩、美味しいラーメン店の探索

2012年3月より、守谷市議会議員として市政に携わる

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る