三郷市で犬・猫殺処分ゼロを目指す男

本日は三郷市議会議員選挙に挑戦中の佐々木おさむ候補の応援へ。
取手の市村市議、竜ヶ崎の後藤市議も現地で合流しました。

候補者と自転車で市内あちこちを回りつつ街宣活動を行いました。

佐々木候補は埼玉県の動物愛護推進員として活動を重ね、犬・猫の保護等に尽力してきました。

また公約の1つとして人と動物が共存出来る優しい街を掲げ

三郷市では24年度殺処分された犬猫は90匹以上。
一匹でも多くの命を救う為に、
●マイクロチップ装着・迷子札の普及で迷子時にも飼い主の元へ帰れる仔を増やします。
●地域猫の促進
●ドッグラン設置により飼い主同士の情報交換や動物愛護促進など犬同士の社会化、しつけ教室の開催により飼い主のマナーアップ

などを訴えておられます。

政策を同じくする仲間として、是が非でも勝ってほしい。
いや勝つのは当たり前、トップ当選してくださいとお願いして帰ってまいりました。
犬・猫殺処分ゼロを目指して、そして苦しんでいる人の心を守る為にも、三郷市にお知り合いのいる方がいらっしゃいましたら、ご協力の程よろしくお願い申し上げます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

守谷市議会議員 すえむら 英一郎

守谷市議会議員 すえむら 英一郎

誕生日:1977年9月20日
居住地:茨城県守谷市
学歴:つくば市立 茎崎第3小学校→守谷市立けやき台中学校→江戸川学園取手高等学校→立教大学文学部
趣味:読書、洋画鑑賞、犬の散歩、美味しいラーメン店の探索

2012年3月より、守谷市議会議員として市政に携わる

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る