政治の世界での新しい息吹

本日をもって今回の参議院選挙期間は終了しました。
午前中には渡辺よしみ代表が取手駅前に応援にかけつけました。
茨城選挙区では何の支援組織も無い石原じゅんこ候補が接戦を演じています。



その後はつくば市内でも街頭演説。

国会だけではなりませんが、政治家の経歴や前身には一定の定型パターンもあります。
特定組織内部の順送りで、次に誰が選挙に出るかも決まっているような状態も見受けられます。
民意を得ている以上何の問題もありませんが、そのようなパターン政治家ばかりでは、組織・団体と関わりのない民意を反映させることができません。

みんなの党は、本当に組織・団体の支援を受けていません。
従って選挙に勝つのは結構大変ですが、民意の反映という点からはそのようなスタイルも必要なことだと考えます。
是非とも多くの皆様に、まずは投票所に足をお運び頂き、しがらみのない民意を政治の世界に反映して頂きたい。
そこからすべてが始まります。
政治の世界に新しい息吹を!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

守谷市議会議員 すえむら 英一郎

守谷市議会議員 すえむら 英一郎

誕生日:1977年9月20日
居住地:茨城県守谷市
学歴:つくば市立 茎崎第3小学校→守谷市立けやき台中学校→江戸川学園取手高等学校→立教大学文学部
趣味:読書、洋画鑑賞、犬の散歩、美味しいラーメン店の探索

2012年3月より、守谷市議会議員として市政に携わる

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. 今日石原候補の遊説カーに遭遇しました
    アナウンスの男性は信号待ちの間喋りっぱなし
    原稿を見ていたのか?回りが全く見えていない
    他候補は「暑い中お仕事ご苦労様」と言ってくれましたよ
    国政で素人遊説やられちゃあね

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る