大雨の消防ボンプ操法競技大会

私にとって、今回の大会が選手として初参加の大会なのですが、早朝からの大雨の中強行される大会となり、ある意味非常に思い出深いものとなりました。
テントの下にいても、横から雨が吹き込む感じで、来賓の方も含め苦労の大きい大会でした。
地面の状況を含めコンディションは最悪でしたがけが人を出すことも無く、無事終了できたのがなによりだと思います。

私の所属する分団の出番は後の方だったのですが、ちょうど競技が始まる直前に一時的に天候が少し回復し、晴れ間も見えました。
比較的競技しやすい状態となり、非常にありがたかったです。
入賞等はできませんでしたが、何とか役割を務めることができほっとしております。

災害はいつ起こるかわからない。
備えるという意味では、良い訓練、大会だったのかもしれません。
日常の消防団の活動に加えて、来年以降も大会は予定されておりますので、また積極的に参加していきたいと思っております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

守谷市議会議員 すえむら 英一郎

守谷市議会議員 すえむら 英一郎

誕生日:1977年9月20日
居住地:茨城県守谷市
学歴:つくば市立 茎崎第3小学校→守谷市立けやき台中学校→江戸川学園取手高等学校→立教大学文学部
趣味:読書、洋画鑑賞、犬の散歩、美味しいラーメン店の探索

2012年3月より、守谷市議会議員として市政に携わる

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. YouTubeでいすゞ消防車が話題です
    屋根まで水に浸かっているのに、何事もなかったのように走行
    二次災害を防ぐ為、無理はどうかとも思うのですが…

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る