都市経済常任委員会

本日は都市経済常任委員会が開催され、議案の審議が行われました。
http://www.city.moriya.ibaraki.jp/gikai/teirei_rinji/25/dai4kaiteirei/gian2504.html

●守谷市協働のまちづくり基金条例

市民による公益活動の助けとなるべく、基金の設立に関する内容です。
現場に近い市民が主体となることで、真の市民ニーズに沿った活動や環境づくりが行えると思われますが、財源の面で補う仕組みができれば、さらに充実したものとすることが期待できます。
これからの制度ではありますが、今後の経緯、発展を願うものです。

●「容器包装リサイクル法を改正し、発生抑制と再使用を促進するための法律の制定を求める意見書」の採択を求める請願

現行、自治体が担っているごみの分別等の後処理の費用がどれくらいかは、消費者の目には見えにくい面があります。
従って、後処理の費用がたくさん掛かるような設計の商品であったとしても、消費者は安ければそちらを買ってしまい、結果として社会全体としてはごみの増加という不合理な選択をしてしまう可能性があります。
リサイクル等を視野に入れた商品設計、包装の形態などを関係業者に義務化し、それらの費用を内部化することで、社会全体として合理化的な選択ができる体制を目指すものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

守谷市議会議員 すえむら 英一郎

守谷市議会議員 すえむら 英一郎

誕生日:1977年9月20日
居住地:茨城県守谷市
学歴:つくば市立 茎崎第3小学校→守谷市立けやき台中学校→江戸川学園取手高等学校→立教大学文学部
趣味:読書、洋画鑑賞、犬の散歩、美味しいラーメン店の探索

2012年3月より、守谷市議会議員として市政に携わる

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る