ネット選挙解禁の影響は

浅草は雷門前にて行われました、細川護煕都知事選候補の街頭演説を拝見させて頂きました。

私は都民ではありませんので、投票することはできませんが、細川候補は殺処分ゼロなど、動物愛護に関した政策に非常に理解のある方と聞き及んでおりますので、個人的に当選を願っている次第です。

元々人の多い場所ではありますが、かなりの範囲にわたって多くの聴衆でびっしりと埋まっており、また演説中にも多くの歓声が飛ぶなど、非常に盛り上がっておりました。
また多くの方が携帯電話やタブレットなどで写真だけでなく、動画をじっと撮影している様子が目立ちました。
検索をかけてみると動画サイトに演説の内容が多くアップされております。

ネット選挙解禁に関しては、あまり投票結果にあまり大きな影響は無かったという見解が多くあるようです。
しかし選挙に際して、インターネット上の動画などをわざわざ検索をかけて見る人というのは、積極的な強い意思のある有権者なのだと思われ、ネット選挙が浸透してくれば大きな影響が生まれる可能性もあるように思います。
浮動票の多い地域ということもあり、そのような面でも今後の選挙の動向が気になります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

守谷市議会議員 すえむら 英一郎

守谷市議会議員 すえむら 英一郎

誕生日:1977年9月20日
居住地:茨城県守谷市
学歴:つくば市立 茎崎第3小学校→守谷市立けやき台中学校→江戸川学園取手高等学校→立教大学文学部
趣味:読書、洋画鑑賞、犬の散歩、美味しいラーメン店の探索

2012年3月より、守谷市議会議員として市政に携わる

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. 細川氏の考えは素晴らしいと思います
    奥様も東北支援で動かれたと聞いています
    しかし、総理辞めて隠居してた人が今さら…
    桝添氏以外の選択肢がないので、細川氏が注目集めているように見えます
    供託金300万で売名できるイベントと乱暴なこと言う人もいますが、1000万人は多すぎますね

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る