光秀タイプ(理論型)でした

天下人の失敗学──すべての人間は4つの性格に分類できる (講談社プラスアルファ新書)/講談社
¥905
Amazon.co.jp

「己を知ること」の重要性を説いた内容です。
人の「社会的人格」は4人の天下人の個性に分類できるとされており、いささか乱暴な気もしますが、人間の表面的な性格は個人の内面から来るだけでなく、周囲の人間や環境などによって「キャラ」が変わるということがままあるのは、体験的にも理解できます。

①織田信長タイプ(行動型)  ※同タイプ 上杉謙信、北条氏康、武田勝頼、柴田勝家など

・人並み外れた決断力、行動力で周囲を引っ張り巻き込むことができる。
・無類のカリスマで人を魅了する。
・自己肥大化、ワンマン化しがちで、失敗の原因を他人に求める。
・こらえ性がなく、自転車操業に陥りがち。

②明智光秀タイプ(理論型) ※同タイプ 武田信玄、毛利元就、石田三成、直江兼続など

・非常に合理的、ひらめきよりも確率論を重視する。公明正大で客観的。
・考えや行動原理に自立性が強く、ぶれない。
・頑固で柔軟性がない。時に小さな道理を組織の大局よりも優先してしまう。
・空気が読めない。腹芸ができない。バカ正直な交渉しかできない。

③豊臣秀吉タイプ(創造型) ※同タイプ 真田昌幸、山本勘助、千利休、黒田如水など

・既存の常識を覆すアイデアマン。時に劇的な改善をもたらすことができる。
・他人をも巻き込む「誘爆力」で劇的な組織力を引き出すことができる。
・芸術家肌、感情のコントロールが下手。思いつきで周囲を振りまわす。
・自己中心的で部下の功まで奪う。

④徳川家康タイプ(協調型) ※同タイプ 前田利家、細川藤孝、丹羽長秀、毛利輝元など

・自責傾向が強く、忍耐強い。忠誠心が高く献身的。
・目先にとらわれず、長期的な視点で取り組むことができる。
・新しい取り組みに冷水を浴びせる。固定観念に囚われがち。
・仲間とそれ以外を分けたがり、仲間への付和雷同を好む。

診断シートもついておりまして、やってみました所、バリバリの明智光秀タイプでした。
結構当たってる気がします。
己を知り、欠点を自覚し、抑制することができればと思います。
結構楽しく読むことができました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

守谷市議会議員 すえむら 英一郎

守谷市議会議員 すえむら 英一郎

誕生日:1977年9月20日
居住地:茨城県守谷市
学歴:つくば市立 茎崎第3小学校→守谷市立けやき台中学校→江戸川学園取手高等学校→立教大学文学部
趣味:読書、洋画鑑賞、犬の散歩、美味しいラーメン店の探索

2012年3月より、守谷市議会議員として市政に携わる

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る