守谷SA防災設備視察

守谷SA上り側は、首都直下型地震などの大規模災害時に防災拠点として活用することが想定されています。
これは一種のテストケースで、今後関越道や東北道など、他の路線にも拠点整備を行うことも考えれられているようです。
本日はSA内の防災関連設備について視察させて頂きました。

自衛隊の大型ヘリも着艦できるヘリポートや防災倉庫による備蓄

最大72時間は稼働できる燃料を搭載した発電機
(72時間というのは東日本大震災の経験に基づく)

また普段はSA職員の休憩スペースとして使われているカフェテリアのテーブルが、救護スペースとして活用できる備えなども準備されておりました。

基本的には、首都直下地震などの際の救護拠点としての活動が第一であり、守谷市民のための避難施設ではありません。
ですが連携により、守谷市民にも直接役立たせることはできるはずです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

守谷市議会議員 すえむら 英一郎

守谷市議会議員 すえむら 英一郎

誕生日:1977年9月20日
居住地:茨城県守谷市
学歴:つくば市立 茎崎第3小学校→守谷市立けやき台中学校→江戸川学園取手高等学校→立教大学文学部
趣味:読書、洋画鑑賞、犬の散歩、美味しいラーメン店の探索

2012年3月より、守谷市議会議員として市政に携わる

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る