第9回守谷市動物愛護協議会

本日は9回目の守谷市動物愛護協議会が開催されました。
動物愛護条例案に関してクリアしなくてはならない問題点今後の活動内容に関する協議、また県から、現在の県の取り組みについて情報提供も頂きました。
諸々解決しなければならない課題もありますが、一歩一歩解決していくしかありません。
非常に活発なアイデア出しも行われ、今後につながる良い会議とすることができました。

県の方より改めて資料提供も頂きましたが、我が県の犬の殺処分頭数(平成24年度)は3177頭と全国最多な事は3月の茨城新聞でも報道されました。
8年連続ワースト1ですので、ほとんど固定位置です。

平成15年度の犬・猫の殺処分頭数が16,853頭だったものが、平成25年度には4,931頭となっており、一応絶対数で見れば大きく減少傾向にありますが、他の自治体も頑張っておりますので、ワースト1が固定されてしまっている現状です。

県だけでなく、県内各市町村においても問題意識が非常に高まっており、さまざまな取り組みが始まってくるものと思われます。
わが守谷市としても積極的に取り組み、県内をリードするくらいの意気込みを持てればと思っております。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

守谷市議会議員 すえむら 英一郎

守谷市議会議員 すえむら 英一郎

誕生日:1977年9月20日
居住地:茨城県守谷市
学歴:つくば市立 茎崎第3小学校→守谷市立けやき台中学校→江戸川学園取手高等学校→立教大学文学部
趣味:読書、洋画鑑賞、犬の散歩、美味しいラーメン店の探索

2012年3月より、守谷市議会議員として市政に携わる

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る