ネット印刷ばかり使っています

最近名刺を新しくしました。

写真では伝わりにくいですが、こちらは紙質も上質で非常に良いものです。問題は値段が1枚あたり50円ほどすることです。

IMG_20140820_195656

私は普段から非常にたくさん名刺を使うこともあり、この値段では予算的に厳しいものがあります。そこで、ある程度の劣化は覚悟の上で、ネット印刷会社のプリントパックで同じものを作ってみました。

IMG_20140820_195722

右側がプリントパックバージョン、触ってみると紙質等は全然違いますが、値段は1枚あたり2.5円ほどと、20倍もの差があります。

活動報告の会報等もネット印刷会社を使っていますが、そのあまりの安さから無くてはならないものになっています。

営業マンと相談等ができず、原稿データをまるまる用意する必要がありますので、最初は面倒でしたが、慣れてしまえば何ということはありません。何よりも、

値段に透明性がある。配色や紙の種類などにより値段がすべて表形式で記載されており、安心感があると共に、即座に値段を確認することができる。

・スピーディーな依頼ができる。営業マンを通じて、2,3日かけて見積もりのやりとり等をせずとも、その場で直ちに注文や原稿の入稿ができる。

・コールセンターもあり、電話するとその場で丁寧にわからないことを教えてくれる。

などの点が特に便利に感じます。

特殊な紙質や特殊な形だったり、高度なデザインをお願いしたい時には、専門の営業マンの協力は不可欠なのでしょうが、日常的に使うものを印刷する場合には、ネット印刷会社で何の不都合もありませんし、むしろ便利です。

デフレは問題ですが、ネット等を使って、従来のやり方に留まらず合理化を果たし、安くて良いサービスを提供する企業努力があってこそ、社会の発展があるのだと感じます。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

守谷市議会議員 すえむら 英一郎

守谷市議会議員 すえむら 英一郎

誕生日:1977年9月20日
居住地:茨城県守谷市
学歴:つくば市立 茎崎第3小学校→守谷市立けやき台中学校→江戸川学園取手高等学校→立教大学文学部
趣味:読書、洋画鑑賞、犬の散歩、美味しいラーメン店の探索

2012年3月より、守谷市議会議員として市政に携わる

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る