一般質問に登壇致しました

10801854_599467543508397_8954477325609655652_n

今日は私も含めて5人一般質問を行った後、執行部より「動物の愛護及び管理に関する条例案」や「高齢者福祉計画・介護事業計画案」などに関する説明、その後追加議案に関して議会運営委員会の開催、その後市民との一般会議との打ち合わせと、守谷市議会として、とても活発な一日でした。

そのせいか、写真の表情ももいささか、厳つくなってしまっています。

1.行政改革推進委員会による外部評価制度について

人口増加が停滞し、使えるお金の上限額が見えてきている中、新規事業実施の前提として既存事業の廃止を行うことの重要性などについて。

議会の事業評価と市民による外部評価との取り組みの違いなどを通じて、それぞれが学べる点はどこかなど、来年度に向けた改善案が出せるような議論を行いました。

2.公共施設マネジメントについて

公共施設の維持や修繕費等の確保について、場当たり的でなく長期的・総合的に管理を行う重要性について。現在現状データの集積中でこれからとの事で、今後も議論していきます。

合わせて駅前1.2ヘクタール市有地の利用方針についても、公共施設マネジメント的な視点の投入の是非、議論のより一層の透明化などについて。

3.「いのちの授業」について

愛宕中で企画されている「いのちの授業」、殺処分等の現状、命の重み、飼い主が最後まで責任を持って飼うことの大切さなどに関する授業の価値の認識、他の学校における実施可能性などについて。執行部より前向きな賛同のお答えを頂きました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

守谷市議会議員 すえむら 英一郎

守谷市議会議員 すえむら 英一郎

誕生日:1977年9月20日
居住地:茨城県守谷市
学歴:つくば市立 茎崎第3小学校→守谷市立けやき台中学校→江戸川学園取手高等学校→立教大学文学部
趣味:読書、洋画鑑賞、犬の散歩、美味しいラーメン店の探索

2012年3月より、守谷市議会議員として市政に携わる

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る