11回目の守谷市動物愛護協議会

10961640_656988314411468_1205568342_n

平成26年度第11回目の守谷市動物愛護協議会が開催されました。

昨年の12月10日から30日間行われた、「守谷市動物の愛護及び管理に関する条例案」に対するパブリックコメントを受けての協議が主な内容でした。

結論から言うと、頂いたご意見は条例案に対する賛否というよりも、動物愛護に関する施策の要望等が多く、条例案としてはそのままで、3月議会へと上程されることになりました。

頂いたご意見は以下のようなものでした。

・迷子札や不妊・去勢手術の必要性などへの普及啓発を行ってほしい

・市役所における迷子犬等の一時預かり期間を延ばしてほしい

・地域猫活動の支援を行ってほしい

・悪質なブリーダーや動物取扱業者等への規制を強めてほしい

具体的な施策の実現について、詳細な協議が必要ですが、頂いた要望の中には、守谷市単独で実行が難しいものもあります。

県などとも情報交換をしながら検討していきます。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

守谷市議会議員 すえむら 英一郎

守谷市議会議員 すえむら 英一郎

誕生日:1977年9月20日
居住地:茨城県守谷市
学歴:つくば市立 茎崎第3小学校→守谷市立けやき台中学校→江戸川学園取手高等学校→立教大学文学部
趣味:読書、洋画鑑賞、犬の散歩、美味しいラーメン店の探索

2012年3月より、守谷市議会議員として市政に携わる

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る