一般質問に登壇しました

10247484_654533344668483_7793866848677228839_n

久しぶりの更新になります。

先週末から久しぶりに大熱を出してしまいまして、寝込んでしまいました。土日を挟んでいたので、議会への悪影響は少なくできたのが幸いでした。季節の変わり目ですので、皆様もお気を付けください。

今回の一般質問のテーマは以下の通りでした。

守谷市における地方創生戦略について
(1)国の地方創生戦略と課題
(2)増税が前提となるサービス増の積み増しではない道は
(3)働く若者の可処分所得を減らさない道は
協働型のまちづくり推進について
(1)動物愛護行政の今後、協働型の取り組み
(2)シティプロモーション戦略の今後
ア オール市役所体制への取り組み
イ 学生や若い世代を巻き込んだシティプロモーションの推進

1時間と少しの時間をかけまして、

・(国からの)財源移譲と国からの規制緩和へのリアリティは。

・「国からお金がもらえること」にデメリットはないか。

・国民負担率が上がっていく傾向についてどう考えるか。

・安易な上からの強制頼みではなく、市民一人一人の気づきの積み重ねにより進展させる動物愛護行政への道は。

・行政の日常の業務にシティプロモーションの視点を入れる必要性(プレスリリースの文章、ポスターやチラシデザインの工夫など)。

・若者と「共に行う」シティプロモーションへ。

などなどの視点から議論や意見交換をさせて頂きました。

まだ配信されていませんが、後日こちら↓から録画をご覧頂けます。

http://moriya.gijiroku.com/index.asp(会議録検索と映像配信の更新情報)

一回の一般質問でガラリと変えられるわけではありませんが、変える第一歩にはできます。

継続的に提案、作戦会議・意見交換等を行ってまいります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

守谷市議会議員 すえむら 英一郎

守谷市議会議員 すえむら 英一郎

誕生日:1977年9月20日
居住地:茨城県守谷市
学歴:つくば市立 茎崎第3小学校→守谷市立けやき台中学校→江戸川学園取手高等学校→立教大学文学部
趣味:読書、洋画鑑賞、犬の散歩、美味しいラーメン店の探索

2012年3月より、守谷市議会議員として市政に携わる

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る