一般質問のヒアリング

6月定例会の一般質問は、以下の内容で通告しましたが、本日はその内容に関するヒアリングが行われました。

法律と市条例との関係性について
(1)上位法とは何か。法令の優先順位について
(2)条例の内容表現は法令に拘束されるべきか
(3)条例の提案理由と説明責任について
地域力を生かした教育体制の推進について
(1)教育コーディネーター制度(仮称)の可能性
(2)予測される課題等について

一般質問は、現状や将来像も含めて、市長や担当部長らと、市政のあり方について質問や議論を行う場ですが、必ず事前に期日を決めて内容の通告を行います。

また、通告するといっても、上記のような箇条書き程度のものですので、精度の高い議論にするためにも、事前に行政側から聞き取りの機会が必ず設けられ、それをヒアリングと呼びます。

特に昨年度の実績、何件ありましたか?などの数値データを求める際には、ヒアリングの際に必ず指摘して、準備しておいてもらわないと、調べてないのでわかりませんとなってしまいます。

また、気をつけなければいけないのが、ヒアリングという非公開の場を、聞き取りを超えた実質的な議論の場にしないことです。そうしなければ密室会議といいますか、本会議が単なる儀式のようになってしまいます。

したがって私の場合、これこれこういう趣旨のことを尋ねますと、割と淡々と提示するのがメインですので、だいたい30分もあれば終わってしまいます。

他の方の場合どのようにやっているか、正直よくわかりませんが、時間的には結構長くやっていらっしゃる方もいるようです。人それぞれ工夫があるのだと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

守谷市議会議員 すえむら 英一郎

守谷市議会議員 すえむら 英一郎

誕生日:1977年9月20日
居住地:茨城県守谷市
学歴:つくば市立 茎崎第3小学校→守谷市立けやき台中学校→江戸川学園取手高等学校→立教大学文学部
趣味:読書、洋画鑑賞、犬の散歩、美味しいラーメン店の探索

2012年3月より、守谷市議会議員として市政に携わる

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る