総務常任委員会が開催されました

11150895_695242793930871_8666234511022896639_n

本日は私の所属します総務常任委員会が開催されました。

少し細かい点も多いですが、提示された疑問や論点を紹介いたします。

 

●固定資産評価審査委員会の委員選任について

・特に新しく選任される委員について、不動産評価に関する経験等を重視すべきではないか。
・また、提案書の書き方についても、委員の簡単な経歴だけでなく、資格や経験等を含めたバックグラウンドがわかるように、より詳細な書き方をすべきではないか。など

●職員の残業代の増額補正について

・業務の繁忙期、閑散期に合わせた戦略的な人員配置の必要性。
・派遣職員等も視野に入れて柔軟な配置ができるようにする必要があるのではないか。
・繁忙期に他の部署からの応援人員により対処すると、責任所在が不明確になる可能性があるのではないか。 など

●「安全保障関連法案」の廃案を求める意見書について

・戦争できる国になるとあるが、自衛の戦争と侵略の戦争を区別しなくてよいのか。
・現行でもPKOなどで海外派兵はしているが、それは問題視しなくてよいのか。
・純然たる国会の管轄事項を市議会で議論することは合理的なのかなど。

 
合わせて事業評価(仕分け)の対象事業の選定も議論されました。

予定では本日決定される予定でしたが、非常に選定が難航しまして来週に持ち越されることになりました。

個人的には、予算の減額や廃止を視野に入れた、つまりは仕分け色を強めた審査を行うべきと考えていますが、異なる意見も出ています。また来週議論してまいります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

守谷市議会議員 すえむら 英一郎

守谷市議会議員 すえむら 英一郎

誕生日:1977年9月20日
居住地:茨城県守谷市
学歴:つくば市立 茎崎第3小学校→守谷市立けやき台中学校→江戸川学園取手高等学校→立教大学文学部
趣味:読書、洋画鑑賞、犬の散歩、美味しいラーメン店の探索

2012年3月より、守谷市議会議員として市政に携わる

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る