住みよさランキング2015

東洋経済新報社が毎年発表している「住みよさランキング」の2015年版が発表されました。

http://toyokeizai.net/articles/-/74144?page=2

わが守谷市は昨年度から5ランクダウンの全国10位となりました。

ランクダウンしたものの、県内ではトップとの事です。他に県内では、16位につくば市(昨年14位)、40位に那珂市(昨年43位)がランクイン。

全国1位は千葉県の印西市で、しかも4年連続のトップとの事です。すごいですね。

評価観点ごとに見ますと、

【安心度】       守谷市 670位 
【利便度】       守谷市 13位
【快適度】       守谷市 57位
【富裕度】       守谷市 35位
【住居水準充実度】 守谷市 404位

となっており、一見してランクが低いのは安心度と住居水準充実度。それぞれは以下のような観点から評価されるそうです。

安心度・・・病院・一般診療所病床数(人口当たり)、介護老人福祉施設・介護老人保健施設定員数、出生数(1549歳女性人口当たり)

住居水準充実度・・・住宅延べ床面積(世帯当たり)、持ち家世帯比率

ランキングの問題点として

・安心度に含まれる病床数などは1人辺りの数で評価されるので、人口密度の高い都市には不利に、地方都市には有利に出る点

・住民の「住みよさ」に対する意識や行政の取り組みへの評価、条例のへ評価などは含まれていない点

などもあるように思われ、けして絶対視するべきではありませんが、参考や励みにはなるように思います。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

守谷市議会議員 すえむら 英一郎

守谷市議会議員 すえむら 英一郎

誕生日:1977年9月20日
居住地:茨城県守谷市
学歴:つくば市立 茎崎第3小学校→守谷市立けやき台中学校→江戸川学園取手高等学校→立教大学文学部
趣味:読書、洋画鑑賞、犬の散歩、美味しいラーメン店の探索

2012年3月より、守谷市議会議員として市政に携わる

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る