地方創生特別委員会が開催されました

11011465_716161361839014_5146436425325870780_n

本日は地方創生特別委員会が開催されました。

総合戦略に取り入れるアイデアを議会としてまとめ提言すべく、各委員よりアイデアの提案や質疑、意見交換等が行われました。

私としては、地域の問題を自ら解決しようとする、行動力ある市民による起業をサポートする部署ないしは担当の配置を提案させて頂きました。また、考え方として

●のっけから今回の地方創生を否定するようだが、国の助成金を当てにした事業で地域活性化を狙うべきではない。国の助成金が来るかどうかも、仮に来たとしても継続性があるか疑問。

●国の方を向いて、何とかお金を貰おうと四苦八苦するよりも、市内にある資本や市民力を如何に生かすかという方向に目を向ける方が健全。

●守谷市としても「補助金」を支給することで起業を促すべきではない。市民の自ら資本を投じて解決する実行力こそが地方創生の源泉。

●市の道路使用や建物使用などに関するルールの規制緩和などを柔軟に研究し、市民の行動をサポートすべき。

など訴えさせて頂きました。

今日のところはアイデアの披露や質疑に留まり、来週月曜日に再度委員会を開き、各アイデアの修正や統合などを行い、議会としての意見を集約させていく予定です。

他の議員からも、アニメや映画を利用した文化発信事業、結婚支援事業、空き家のデータベース化など、なるほどと思えるような多彩なアイデアが出され、勉強になりました。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

守谷市議会議員 すえむら 英一郎

守谷市議会議員 すえむら 英一郎

誕生日:1977年9月20日
居住地:茨城県守谷市
学歴:つくば市立 茎崎第3小学校→守谷市立けやき台中学校→江戸川学園取手高等学校→立教大学文学部
趣味:読書、洋画鑑賞、犬の散歩、美味しいラーメン店の探索

2012年3月より、守谷市議会議員として市政に携わる

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る