インターン生の中間報告会にお邪魔しました

11895375_738436862933279_58457814_o

本日は、つくば市内で行われました、インターン生目標達成プログラムの中間報告会にお伺いしました。

40人くらいの学生さんが参加し、これまでインターン活動を振り返っての課題の検討などが行われておりました。

その後は、「子育てと仕事の両立」「農業の活性化」などのテーマに基づいて、30年後の未来をふまえてどのような政策ができるのか、グループごとに分かれての発表会が行われ、私もアドバイザー的に参加させて頂きました。

中には、国内の耕作可能地を増やすには限界がある。→空中農園構想は(ラピュ〇のようなもの?)など、ある種奇想天外なアイデアも出て、非常に興味深く思いました。

現在の技術、制度からの問題点を並べ立て、新しいアイデアに対してできない理由を探すのは簡単です。

ですが、何か障壁があるなら解決すれば良いわけです。一見奇想天外なアイデアでも、未来を創る原石があるものではないかと感じます。

総じて何といいますか、みなさん真面目で立派です。20歳くらいの時の私に爪の垢を煎じて飲ませたいと、しみじみ思いました。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

守谷市議会議員 すえむら 英一郎

守谷市議会議員 すえむら 英一郎

誕生日:1977年9月20日
居住地:茨城県守谷市
学歴:つくば市立 茎崎第3小学校→守谷市立けやき台中学校→江戸川学園取手高等学校→立教大学文学部
趣味:読書、洋画鑑賞、犬の散歩、美味しいラーメン店の探索

2012年3月より、守谷市議会議員として市政に携わる

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る