9月定例会~マイナンバー制度導入に向けて

明日より9月の定例会が始まります。

平成27年第3回守谷市議会定例会会期日程

決算審査や事業評価(仕分け)が最初に行われますが、その他の議案で目玉はマイナンバー制度導入に向けての制度構築、特に個人情報保護関連です。

今後の流れとしては以下のようになっており

  • 平成27年10月からマイナンバーを付番し、住民に通知開始
  • 平成28年1月からマイナンバーの利用開始
  • 平成29年1月から国の行政機関間での情報連携開始
  • 平成29年7月から自治体も含めた情報連携開

実際に個人番号を含めた個人情報を保持しておりますので、各自治体における責任は非常に大きなものがあります。

本来の目的である、市民の利便性向上と、個人情報保護を両立させる新たな、実効性のある取り組みが必要です。

特定個人情報保護評価=(特定個人情報の漏えい等のリスクを軽減するため、適切な措置を講ずることを宣言するもの)も発表されていますが、どうも通り一遍な感じがして、実効性が見えてきません。そのあたりも含めた審査が必要に思います。

特定個人情報保護評価書の公表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

守谷市議会議員 すえむら 英一郎

守谷市議会議員 すえむら 英一郎

誕生日:1977年9月20日
居住地:茨城県守谷市
学歴:つくば市立 茎崎第3小学校→守谷市立けやき台中学校→江戸川学園取手高等学校→立教大学文学部
趣味:読書、洋画鑑賞、犬の散歩、美味しいラーメン店の探索

2012年3月より、守谷市議会議員として市政に携わる

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る