水害対応に係る守谷市が負担した経費について

01de7ed11e6f91adb5a3f2897e0a407be0e0ec2ff5

本日、全員協議会が開催されまして、9月10日に発生しました豪雨による水害に関して、守谷市において発生した費用の概略の説明が取り上げられました。

総額でいうと、約2610万円ほど。内訳の主なものを挙げますと、

・職員の時間外勤務手当等 510万円  

・保存水や土嚢袋などの消耗品費 約282万円

・避難所の炊き出し用の食材費 約100万円

・土砂撤去工事や道路復旧工事費用など 約975万円

・公用トラックなどの購入費 約323万円

などとなっております。

 

今回は歳出面のみの説明が中心でしたが、専決処分ですので12月定例会で正式に報告がなされます。

その際には、財源や国の費用負担分などを含め、より詳しい説明、議論がなされる予定です。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

守谷市議会議員 すえむら 英一郎

守谷市議会議員 すえむら 英一郎

誕生日:1977年9月20日
居住地:茨城県守谷市
学歴:つくば市立 茎崎第3小学校→守谷市立けやき台中学校→江戸川学園取手高等学校→立教大学文学部
趣味:読書、洋画鑑賞、犬の散歩、美味しいラーメン店の探索

2012年3月より、守谷市議会議員として市政に携わる

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る