かなり白熱した議論 ~守谷市動物愛護協議会~

satooya

今年度5回目の守谷市動物愛護協議会が開催されました。

①前回に引き続き、市民の方をお招きして現場の声を聞かせて頂きました。今回はみずきの地区の方をお招きし、現地の野良猫の状況などをお聞きするとともに意見交換を。

②12月1日より「里親登録制度」がスタートしておりますが、現在の登録者や問い合わせの状況の説明。今後の制度周知のために何をすべきかなど。

動物愛護基金(仮称)を実施するにあたっての課題整理。広く市民全体の理解を得るためにも、段階的に進めていく必要があるが、まずはなにをする必要があるかなど、今後の課題や手順の確認など。

 

特に最後の基金設立に向けての課題整理について、会議の大半の時間が費やされ、意見の対立も含めたかなり白熱した議論が行われました。

とはいえ、より良い政策を実現し、より良い守谷市を創るためという意識を共有した上での、建設的な議論とできたように思います。

何でもかんでも思い通りにはいきませんし、自分の意見だけが正しいわけでもありません。

ですが動き続けることで、3歩進んで2歩下がるのかもしれませんが、確実に進んでいくことができると信じます。今後も前向きに議論してまいります。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

守谷市議会議員 すえむら 英一郎

守谷市議会議員 すえむら 英一郎

誕生日:1977年9月20日
居住地:茨城県守谷市
学歴:つくば市立 茎崎第3小学校→守谷市立けやき台中学校→江戸川学園取手高等学校→立教大学文学部
趣味:読書、洋画鑑賞、犬の散歩、美味しいラーメン店の探索

2012年3月より、守谷市議会議員として市政に携わる

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る