是非とも活発なパブリックコメントを

守谷市では、多くの施策や計画案について、市民の意見を募集するパブリックコメントを実施しておりますが、中にはあまりご意見を頂けない案件もあります。

現在募集されている案件は、以下の2件。割と長期的な財政計画等に絡む内容ですので、短期的には生活への影響はあまりない案件かもしれませんが、長く見れば重要な内容に思います。

 

パブリック・コメント制度

27-2(財政課)
守谷市公共施設等総合管理計画(案)
意見募集期間  平成27年12月14日(月曜)から平成28年1月13日(水曜)まで

27-1(企画課)
守谷市人口ビジョン(案)、守谷市まち・ひと・しごと創生総合戦略(案)
意見募集期間  平成27年12月14日(月曜)から平成28年1月13日(水曜)まで

 

人口減少及び少子高齢化、それに伴い公共施設を如何に維持していくかというテーマは、わが市においても切実なものです。

個人的にも、行政が使えるお金には限りがあるというリアリズムが、年々増してきているようにも感じております。

是非とも多くのご意見を頂き、アイデア等を提供頂ければと願います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

守谷市議会議員 すえむら 英一郎

守谷市議会議員 すえむら 英一郎

誕生日:1977年9月20日
居住地:茨城県守谷市
学歴:つくば市立 茎崎第3小学校→守谷市立けやき台中学校→江戸川学園取手高等学校→立教大学文学部
趣味:読書、洋画鑑賞、犬の散歩、美味しいラーメン店の探索

2012年3月より、守谷市議会議員として市政に携わる

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る