動物愛護推進員として

今日は動物愛護推進員としての活動報告的なものを。

私の家の近くの地域にあるお宅で、飼育放棄のような形になってしまった猫を保護して面倒見てくれている方とお話しすることができました。

保護して頂いている方からも、放棄した家庭の方に飼育放棄はいけないといった趣旨のお話しもして頂きましたが、家庭の複雑な事情もあり、残念ながらあまり理解は得られず、見るに見かねて保護という流れとなったようです。

保護主の家族の中に猫が好きでない方がいるとの事で、外飼いの形で面倒を見て頂いているようですが、近所のご理解もあり、不妊手術さえきちんとすれば大きな問題はなさそうでした。

件の猫はお母さん猫1匹と子供のオス猫2匹。お母さんに関しては、その方の負担で不妊手術済み(耳カットもしてありました)。オス猫2匹に関してが手術未実施との事でした。

結構まるまるとしていて、丁寧に面倒頂いている様子が見て取れました。

12468265_793112600799038_1988003239_n 12468003_793112587465706_1880648712_n

手術費用の負担は問題なく行って頂けるとの事でしたので、少しでも金銭的な負担の軽くなる形での手術の実施、搬送のお手伝い等を行えたらと思っております。

何と言いますか、知らない所で多くの方にさまざまな形で努力頂いているのだなと感じます。

また、件のお宅はこれまで2回ほど訪問させて頂いておりましたが、3回目にしてこのようなお話しをすることができました。継続して地道に地域を歩くことの大事さを再確認した出来事でもありました。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

守谷市議会議員 すえむら 英一郎

守谷市議会議員 すえむら 英一郎

誕生日:1977年9月20日
居住地:茨城県守谷市
学歴:つくば市立 茎崎第3小学校→守谷市立けやき台中学校→江戸川学園取手高等学校→立教大学文学部
趣味:読書、洋画鑑賞、犬の散歩、美味しいラーメン店の探索

2012年3月より、守谷市議会議員として市政に携わる

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る