実は「打撃系」

実は打撃系でして、週に2回程度ですが空手の稽古をしたりもします。

といっても、まだ初めて1年超くらいですのでまだまだです。今日は昇級試験がありまして、ようやく3級まで到達できました。

帯の色は紫。この後は緑→茶色→黒で初段に到達する予定です。

IMG_0612

まあ、先輩方曰く、初段を取ってからようやくスタートラインくらいみたいですので、ドラクエで言えばまだレベル1にもなっていない状態でしょうか。レベル1目指して気長に楽しんでいきます。

個人的には、合理的な体の使い方、しっくりくる身体感覚を試行錯誤していく過程が面白いなあと感じています。

例えば突きを打つ場合、打つ側の手を前に出すことを意識する場合と、逆の手を引くことで、結果的に打つ手が送り出されるような感覚で打つ場合では、外から見ると動作に代わり映えしないのでしょうが、身体感覚がまるで違います。

引き手の重要性を感じていますが、「槍の極意は突き3分引き7分」という格言も、もしかしたらそういう意味なのでしょうか。

人によって身体感覚も、その受け止め方も違うでしょうし、各人それぞれにとっての正解を帰納的に探求していくしかないのが、武道全般なのだと思います。

何と言いますか、頭以外も使って行う哲学という感じで、この年になって面白いなあと感じています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

守谷市議会議員 すえむら 英一郎

守谷市議会議員 すえむら 英一郎

誕生日:1977年9月20日
居住地:茨城県守谷市
学歴:つくば市立 茎崎第3小学校→守谷市立けやき台中学校→江戸川学園取手高等学校→立教大学文学部
趣味:読書、洋画鑑賞、犬の散歩、美味しいラーメン店の探索

2012年3月より、守谷市議会議員として市政に携わる

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る