たばこ1箱(25本入り)3200円!?

たばこ1箱3200円に=豪が増税、愛煙家は悲鳴

 時事通信社

【シドニー時事】オーストラリア政府は3日発表した新年度予算案に、2017年から4年間、毎年12.5%ずつ税率を上げる大幅なたばこ増税を盛り込んだ。25本入りの1箱が25豪ドル(約2000円)と、今でも世界屈指の高さだが、20年には40豪ドル(約3200円)になる。愛煙家からは悲鳴が上がっている。
 ターンブル首相は「税収増だけでなく、国民を喫煙から遠ざけるのも狙いだ」と説明した。(以下省略)

 

オーストラリアにて、2020年までにたばこ1箱(25本入り)3200円相当に値上げとの事、世の中すごい国があるものだと驚きました。

私はたばこは吸いませんが、若いころは吸っていた時期もありました。

二十歳過ぎくらいの頃ですが、確かマイルドセブンひと箱で250円くらいだったように記憶します。10倍以上?よほど信念のあるスモーカー以外は買えないお値段です。

 

オーストラリアのターンブル首相曰く、目的として①税収増 ②国民を喫煙から遠ざける の2点が挙げられていますが、①に関してはかなり疑問です。

少なくとも守谷市の税収を見る限りは、2014年度の値上げ以降、それ以前と比べてたばこ税収の絶対額は減っています。

守谷市の人口自体は減っていませんので、要するに値上げによる税収増よりも、たばこをやめる人が増える効果の方が大きくなっているということなのでしょう。

よって、これ以上の値上げは税収増には結びつかず、禁煙圧力以外のものにはならない可能性が高いと思われます。最も、財政的な事を考えるのなら、禁煙者の増加による医療費削減等は考慮する必要がありますが。

 

460円前後への値上げですらそうなのですから、ましてや3200円への値上げで税収増が本当に成り立つのか。他国の話とはいえかなり疑問です。最も「狙う」だけなら自由ですが。

ちなみにオーストラリアの禁煙圧力はかなり強いらしく、たばこのパッケージはこんな感じらしいです。

IMG_0632 (2)

ここまでやるなら、「たばこは違法です」としちゃえばいいのに・・・。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

守谷市議会議員 すえむら 英一郎

守谷市議会議員 すえむら 英一郎

誕生日:1977年9月20日
居住地:茨城県守谷市
学歴:つくば市立 茎崎第3小学校→守谷市立けやき台中学校→江戸川学園取手高等学校→立教大学文学部
趣味:読書、洋画鑑賞、犬の散歩、美味しいラーメン店の探索

2012年3月より、守谷市議会議員として市政に携わる

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る