自分で情報を取りに行った方が早い

政治山さんの都知事選「政策比較表」が秀逸。21人の候補者全員のプロフィールや基本政策がまとめられています。↓

東京都知事選挙2016「政策比較表」

大手マスコミによって、「主要候補者」が決められ、他の候補者が実質スルー状態にあるのは公平さを欠きます。

仮に勝ち目の薄い候補者であっても、その政策には見るべき部分がある可能性があり、目先の勝ち負けや政党の勢力争いだけでなく、東京の将来を考えればもったいない気もします。

とはいえ、「視聴率」などを重視すればやむを得ない判断なのでしょう。民間企業ですし。

 

大手マスコミは公共の電波を独占するなど、特権的な部分がありますので、公平公正な報道姿勢が求められるは当然だと思います。

ですが、それはどちらかと言うと、社員の方などマスコミ内部の人間の心構えとすべきで、視聴者の立場としては、良い意味でマスコミの報道姿勢にあまり期待せず、幻想を抱かず、自ら情報を取りに行った方がよほど手っ取り早いのでは思います。繰り返しますが、マスコミと言っても民間企業ですから。

実際に、マスコミの多くは中立のふりをしているだけで、会社ごとにいろんな方向に偏っているのは、明白な話です。

幸いなことにネット社会ですので、自ら動いて取りに行き、かつ自ら判断する必要はありますが、候補者がブログやSNSなどで直接発信している情報を誰もが見ることができます。

 

すごく例えは悪いですが、口を開けて(公平公正な情報という)おいしいエサが来るのを待っている。何で(エサを)運んでくれないんだと怒っている暇があったら、自分で確保に行った方が早い。

そして、みんながそうするようになったら、社会全体に新たな可能性が生まれるのではないか。

そんなことを考えました。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

守谷市議会議員 すえむら 英一郎

守谷市議会議員 すえむら 英一郎

誕生日:1977年9月20日
居住地:茨城県守谷市
学歴:つくば市立 茎崎第3小学校→守谷市立けやき台中学校→江戸川学園取手高等学校→立教大学文学部
趣味:読書、洋画鑑賞、犬の散歩、美味しいラーメン店の探索

2012年3月より、守谷市議会議員として市政に携わる

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る