「議会」が何をしているのかという指摘

ある方から、何をしているかわかりにくい「議会」をオープンにしてほしいというお話しを頂きました。

議員個人ではなく、「議会」が何をしているのかという指摘は、かなりキモだと思います。

 

議員個人の活動の見える化はある意味で当たり前ですし、一人が決断すればできますので簡単ではないかもしれませんが、単純です。

一方で、議会全体としての活動や議論の過程が、市民にとってどんな積極的な意味があるのか。市長や行政が出せない、かつ市民にとって良いことがあるのか。

そのあたりにリアリティを感じて頂くのが、市民と議会の信頼関係構築のために死活的に重要に思われます。

 

そんな問題意識すらさっぱり感じていないように、(私から)見える議会も多いですし、守谷市議会はかなり進んでいる方とは思います。

とはいえ、トータルに議会改革の推進面において、統合幕僚長のような働きをしていた松丸修久氏が議会から抜けて、今後どうなっていくかが、かなり気になります。

議員間で温度差がありますし、興味を持つ分野に違いがあるのは当然ですが、チームとして市民の役に立つ機能を発揮する「議会」をいかに作るか。

そこに向けた各議員の意識がバラバラになり、議会改革の試みが停滞することになれば、最終的に市民からの議会不要論に繋がり、ある種の自殺行為となるでしょう。

一つの正念場だと思いますし、私としてはやりがいも感じています。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

守谷市議会議員 すえむら 英一郎

守谷市議会議員 すえむら 英一郎

誕生日:1977年9月20日
居住地:茨城県守谷市
学歴:つくば市立 茎崎第3小学校→守谷市立けやき台中学校→江戸川学園取手高等学校→立教大学文学部
趣味:読書、洋画鑑賞、犬の散歩、美味しいラーメン店の探索

2012年3月より、守谷市議会議員として市政に携わる

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る