本年も大変にお世話になりました

2016年を振り返りますと、選挙関連も多かったせいか、いつになく密度の濃い1年だったように感じられます。

喜怒哀楽さまざまありました。多くの人の想いに触れる機会がありました。

ある意味でこの世で一番恐ろしいのは「人の想い」との思いますが、悪意や敵意も含めてしっかりと受け止める勇気がとても大切と感じております。

そのような点で、少し強くなることができたかもしれません。複数の方から顔つきが(良い意味で)変わったと言われる機会もありました。

また、私の仕事は、言論を通じて「闘う」ことだとも言えます。

主張をすればするほど、敵意をぶつけられる可能性も高まりますので、平穏重視なら何も発言しないがベストなのですが、それでは仕事になりません。

自己の感覚を信じて勇気を持って主張し、そして自分が間違っていると感じていたら即座に謝ることができる、そんな勇気も大切にして活動していきたいなと感じております。

今年も残すところあと数時間です。

本年も大変にお世話になりました。

皆さまにおかれましても良いお年をお迎えください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

守谷市議会議員 すえむら 英一郎

守谷市議会議員 すえむら 英一郎

誕生日:1977年9月20日
居住地:茨城県守谷市
学歴:つくば市立 茎崎第3小学校→守谷市立けやき台中学校→江戸川学園取手高等学校→立教大学文学部
趣味:読書、洋画鑑賞、犬の散歩、美味しいラーメン店の探索

2012年3月より、守谷市議会議員として市政に携わる

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る