全員協議会が開催されました

本日は全員協議会が開催され、情報共有等が行われました。

1点取り上げますと、守谷市の政治倫理条例の改正計画について。

年明け1月中にパブリックコメントを行い、3月の定例会に改正案を出したいとのことですので、今後の庁内の議論やパブリックコメント次第で内容が変わる可能性もあります。

とはいえ今のところの案としては、

●現状では、市長等執行部側に関する規定と、市議会議員に関する規定が一つの条例になっているが、これを別々の条例で独立させる。二元代表制を重視する観点から。

●市長等に関して、寄付の受領禁止や認可等に関する不利益取り扱いの禁止など、倫理基準の強化。

●市長の資産公開の努力規定から義務規定化。

●市税などの納付が証明できる書類、学齢や職歴などが証明できる書類の提出義務化。

などが検討されているようです。

 

市長側の倫理規定を市長が提案するものですので、これはこれでしっかりと議論していけばよいのですが、大きな問題となるのは、議会側が自分たちに関する倫理規定を今後どのようにしていくかです。

特別委員会等を設置して議論するなど案が出されていますが、近日中に今後の動きが決定される予定です。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

守谷市議会議員 すえむら 英一郎

守谷市議会議員 すえむら 英一郎

誕生日:1977年9月20日
居住地:茨城県守谷市
学歴:つくば市立 茎崎第3小学校→守谷市立けやき台中学校→江戸川学園取手高等学校→立教大学文学部
趣味:読書、洋画鑑賞、犬の散歩、美味しいラーメン店の探索

2012年3月より、守谷市議会議員として市政に携わる

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る