県への国保事業費納付金に関して

守谷市国民健康保険運営協議会に参加しました。

平成30年4月から、国民健康保険の運営主体が市町村から県へと広域化され、保険給付財源のために必要な納付金額が県から示され、各市町村が納付する形になります。

 

今日の会議にて、県への納付金についても協議がなされましたが、今回示された、県への納付金額は約17億3500万円との事です。

対して、平成29年度の守谷市における国保税の収入見込み額は、滞納分などを除いた実際の収入済額ベースで、19億8000万円ほどになりますので、当面は保険料率の値上げ等は必要なさそうです。

 

制度改正の目的として、各市町村ごとに格差のある保険料負担の平準化があり、国民健康保険制維持のためにやむを得ない面もあります。

とはいえ、市民の平均所得や高齢化率の低さなどにおいて、県内でも上位に位置する守谷市としては、一方的な負担増になる可能性が高く、納得できないものを感じます。

 

先日報道されましたが、つくば市並びにつくば市議会が県に対し、納付金額算定方法などの見直しなどを求める要望書を提出したそうで、同様の思いがあるのかなと感じます。

国保納付金 算定方法見直しを つくば市長ら県に要望

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

守谷市議会議員 すえむら 英一郎

守谷市議会議員 すえむら 英一郎

誕生日:1977年9月20日
居住地:茨城県守谷市
学歴:つくば市立 茎崎第3小学校→守谷市立けやき台中学校→江戸川学園取手高等学校→立教大学文学部
趣味:読書、洋画鑑賞、犬の散歩、美味しいラーメン店の探索

2012年3月より、守谷市議会議員として市政に携わる

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る