「NPO法人多摩草むらの会」さんを視察

先日、東京都多摩市に拠点を置く、「NPO法人多摩草むらの会」へ視察に伺いました。

主に精神障がい者の就労支援などを目的とした、さまざまな事業展開をされているとの事ですが、

・事業展開の上で「福祉」を必ずしも表に出さない。健常者が行っている事業と競争の上、野菜の生産やレストランの運営などを行っている。

・障がい者の雇用機会を最優先し、地域の枠を超えた受け入れ態勢確保のため、行政の補助金に頼らない運営をしている。行政の補助金にたよると、どうしても縦割り、地域割りの運営になってしまう。

・就労支援だけでなく、NPO法人の中で、職員になる機会を作っている。

などなど、これからの障がい者就労支援と雇用を考える上で、非常に勉強になりました。

 

実際に運営されている農園、「夢畑」(就労継続支援B型)で朝礼の段階から作業に入る過程を見学させて頂いたり、

 

利用者の方による手作りの布バック、インテリア小物などが販売されている「布や 夢うさぎ」(就労継続支援B型)を訪問させて頂き、その後は「夢畑」産の無農薬野菜を用いたレストラン「畑deきっちん」(就労継続支援A型)でお昼を頂きました。

 

また、NPO法人代表者の方にお話しを伺うなど、座学だけに留まらない充実した視察となりました。

たとえNPO法人であっても、最低限の利益を確保しなくては、事業の継続ができません。ましてや補助金頼みの運営はしないとのことですので、NPO法人スタッフの方の苦労はかなりのものがあると思われます。

障がい者向けの「共同作業所」などの通所施設の運営に留まらず、市場原理において通用する商品やサービスの生産を行うと共に、雇用機会創出への取り組みは本当にすごいものだと感じました。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

守谷市議会議員 すえむら 英一郎

守谷市議会議員 すえむら 英一郎

誕生日:1977年9月20日
居住地:茨城県守谷市
学歴:つくば市立 茎崎第3小学校→守谷市立けやき台中学校→江戸川学園取手高等学校→立教大学文学部
趣味:読書、洋画鑑賞、犬の散歩、美味しいラーメン店の探索

2012年3月より、守谷市議会議員として市政に携わる

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る