決算審査一日目が終了しました

本日からは平成29年度決算審査です。

守谷市市議会では全議員(議長、監査を除く)で決算審査を行っております。

委員長役を仰せつかっていますので、全議員からの質疑の内容、それらに対する執行部からの答弁がきちんとかみ合っているか、請求した資料がきちんと提出されているかなど、諸々の交通整理に神経を集中する必要があることから、結構消耗しました。

 

予想以上に活発な質疑が行われ、事前にイメージしていた予定の3分の2くらいしか進みませんでした。とはいえ、進行の予定調和よりも、議論の活性化が優先されるのは当然ですので、まずはよかったのではないかとも感じています。

 

いくつか質疑内容を振りかえりますと、

●職員全体に対する臨時職員の比率が、各担当課バラバラで把握されているのは管理上問題ではないか。

●中央3丁目の土地に関する裁判の見込み、弁護士費用の総額見込みが見えない。また裁判で敗訴したとしたら、休業補償等の負担も必要になるのか。

●みずき野エクセル跡地の今後の利用方法が見えない。

●みずき野の三井住友銀行ATMが9月で無くなると聞いたが、張り紙数枚による告知のみで撤退させて良いのか。ATMが入っている建物は市の所有だが今後はどうするのか。

●守谷駅東口1.2ヘクタール私有地の活用に関して、コンサルタント会社の姿勢に疑問を感じる。競争入札で会社を選定したということだが、金額偏重の選定手法ではなく、プロポーザルを重視した会社の選定が必要ではないか。

●防災備蓄品の更新状況はどうか。また液体ミルクの備蓄は検討できないか。

●「農が繋ぐ”まち”地域資源連携推進」プロジェクトに関して、成果が不透明。また、キッチンカーのリース契約内容があまりに高く見えるなど疑問がある。

●消防団員が減少傾向にあるが、報酬の増額は検討できないか。

全く示しきれませんが、他にもさまざまな質疑、関連質問、資料請求等がありました。来週月曜日も引き続き平成29年度決算審査が行われます。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

守谷市議会議員 すえむら 英一郎

守谷市議会議員 すえむら 英一郎

誕生日:1977年9月20日
居住地:茨城県守谷市
学歴:つくば市立 茎崎第3小学校→守谷市立けやき台中学校→江戸川学園取手高等学校→立教大学文学部
趣味:読書、洋画鑑賞、犬の散歩、美味しいラーメン店の探索

2012年3月より、守谷市議会議員として市政に携わる

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る