3月定例月議会が開会しました。

本日より3月定例月議会です。

議案の上程等と共に、松丸市長より平成31年度施政方針の表明がありました。

議案等及び議決結果一覧(平成31年 3月定例月議会)

平成31年度施政方針

15ページ分もある大作であり内容も多岐に渡るものですが、まちづくり協議会などを通じての「住民自治」の強化、「市民による街づくり」へのしくみ作りが大きな柱としてあると感じられました。

また、行政の「運営」から「経営」へという表現も、市長らしい言葉づかいだなと感じ、印象に残りました。

 

まちづくり協議会から、市への事業提案制度等も公式に検討されており、自治機能の一つとして存在感が高まってくると思われます。

まち協からの提案、行政との協議を通じて例えば何か新規事業が作られ、予算化されることも出てくると思われますが、市民全体が納める市税を財源とする以上、まち協と行政との間での事前協議の過程を透明化することがとても重要と感じます。

質問を通じて確認させて頂きましたが、協議の過程は必ずしも議事録が残るオープンな場で行われる場合ばかりではないようです。

とはいえ、協議の過程は必ず報告書が提出され、かつ誰でも閲覧できるようにしたいという趣旨の答弁はありました。これからの制度設計ですが、今後とも注視してまいりたいと思います。

週明け月曜日からは、今日上程された議案等に対する質疑、その後は予算審査等に入っていく予定です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

守谷市議会議員 すえむら 英一郎

守谷市議会議員 すえむら 英一郎

誕生日:1977年9月20日
居住地:茨城県守谷市
学歴:つくば市立 茎崎第3小学校→守谷市立けやき台中学校→江戸川学園取手高等学校→立教大学文学部
趣味:読書、洋画鑑賞、犬の散歩、美味しいラーメン店の探索

2012年3月より、守谷市議会議員として市政に携わる

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る