プレミアム付商品券事業が予定されています。

秋の消費増税に向けて、プレミアム商品券事業が予定されており、関連予算の審議が行われました。

4年ほど前に行われた時とは異なり、今回は商品券を買える方が、2019年度住民税非課税者や3歳児未満の子がいる世帯主に限られています。

守谷市内の対象者数は約9600人ほどと見込まれ、予算規模は約2億6千万円。全額国庫負担で守谷市としての持ち出しはありません。

購入できる方には9月頃に「購入引換券」が郵送され、市役所窓口にて10月1日から販売開始予定との事です。

 

【購入対象者】

①2019年度住民税非課税者

②3歳未満児の子が属する世帯の世帯主

【購入限度額】 

5000円分の商品券を4000円で販売(割引率20%)。5冊まで購入可能。

【販売日】 令和元年10月1日~令和2年2月28日まで。

【使用期間】令和元年10月1日~令和2年3月31日まで。

 

4年前に同事業が行われた際には各地で大きな混乱がおき、自治体によっては議員辞職者まで出たことが思い出されます。

ついに議員辞職者まで

今回は、購入対象者が限定されることもあり、また購入窓口も臨時に増設設置する予定との事です。

前回のような大行列、大混乱ということは恐らくないでしょう。

個人的には消費増税そのものに疑問がありますが、とはいえ折角行われる事業ですので、平穏に進み、効果が出ることを願います。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

守谷市議会議員 すえむら 英一郎

守谷市議会議員 すえむら 英一郎

誕生日:1977年9月20日
居住地:茨城県守谷市
学歴:つくば市立 茎崎第3小学校→守谷市立けやき台中学校→江戸川学園取手高等学校→立教大学文学部
趣味:読書、洋画鑑賞、犬の散歩、美味しいラーメン店の探索

2012年3月より、守谷市議会議員として市政に携わる

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る