次回一般質問のテーマ、「見えバス」の振り返りを行います。

6月定例会に向けて一般質問内容の通告を行いました。

順番は9番目となりましたので、6月14日㈮の14時~15時スタートくらいになるかと思われます。

テーマとしては1点、「見えバス」の振り返りを行います。

個人的に疑問に感じる部分も多々あります。また市民の方からご意見も頂きましたので取り上げさせて頂きます。

どなたでも傍聴することができます。よろしくお願い致します。

1.「見えバス」の総括と市民への説明責任について

⑴関東鉄道グループと守谷市との間の役割分担、経費負担割合等の取り決め。
⑵関東鉄道バス営業所統合計画をいつから認識していたか。
⑶関東鉄道グループの「見えバス」プロジェクトに対する当初からの姿勢。

⑷「見えバス」開始後の利用者への広報、プロモーション活動。
⑸実証実験中止となった理由の市民への周知説明。どの手段でどのような内容で行ったか。
⑹新規プロジェクトへの取り組みと失敗リスクに対する市の考え方。

※以前の投稿です↓

「見えバス」の継続が危ぶまれています

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

守谷市議会議員 すえむら 英一郎

守谷市議会議員 すえむら 英一郎

誕生日:1977年9月20日
居住地:茨城県守谷市
学歴:つくば市立 茎崎第3小学校→守谷市立けやき台中学校→江戸川学園取手高等学校→立教大学文学部
趣味:読書、洋画鑑賞、犬の散歩、美味しいラーメン店の探索

2012年3月より、守谷市議会議員として市政に携わる

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る