12月定例会に向けて一般質問の通告

12月定例会に向けて一般質問の通告を行いました。

4番目の抽選でしたので、12月5日(木)の午後13時くらいの出番になりそうです。

今回から議会のルールが少し変わりまして、項目ごとの質問回数に制限がなくなる予定です。

以前より深堀しやすくなるとは思われますが、逆に回数無制限をいいことに、質問がぼやけてしまい冗長になる可能性もあり、注意が必要と感じています。

表現の自由と補助金交付基準及び公の施設の利用許可基準に関して
1.芸術表現に対する補助金交付について
ア 補助金交付の実績、不交付の場合の理由
イ「アーカスプロジェクト」に表現の限度はあるか
2.公民館の利用許可基準について
 ア「公の秩序又は善良な風俗を乱すおそれがあると認められるとき」とは
3. 大きく賛否の分かれる表現活動があった場合
ア 大きな声のクレームに直面した場合の判断基準
イ 表現の自由と公の秩 序のバランス
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

守谷市議会議員 すえむら 英一郎

守谷市議会議員 すえむら 英一郎

誕生日:1977年9月20日
居住地:茨城県守谷市
学歴:つくば市立 茎崎第3小学校→守谷市立けやき台中学校→江戸川学園取手高等学校→立教大学文学部
趣味:読書、洋画鑑賞、犬の散歩、美味しいラーメン店の探索

2012年3月より、守谷市議会議員として市政に携わる

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る