「全面的に支援していきたい」とのお言葉頂きました

本日一般質問に登壇致しました。正直なところ、自己採点45点くらいです。

それでも確約を得た成果としては、人と動物に優しい街づくりについて、松丸市長から「全面的に支援していきたい」との言葉を引き出すことはできました。

いささかブランクがあるせいか、どうも組み立てや切り返しに戸惑ってしまった場面がありました。反省します。

その他、さまざま議論させて頂きましたが、新市長体制スタート直後でもありますし、今後の計画については、これからの検討~という部分が多くなってしまうのはやむを得ないのかもしれません。

今日の内容は、トータルに市民、行政、議会との間の信頼関係が必ずしも十分ではないのではという疑問や課題を根本においた質問です。

その意味で良い確認や執行部との想いの共有はできたのかなとは思います。

獲得した視点、頂いた言葉を暖め、次の議論につなげてまいります。

 

1.シティプロモーションの今後のあり方について
(1)これまでのシティプロモーションの総括、見出された課題
(2)今後の戦略、「市役所のプロモーション」の必要性について

2.人と動物に優しいまちづくりの更なる進展について
(1)これまでの取組み、殺処分ゼロへの進展度合いについて
(2)県の新しい動きと連携について
(3)今後の課題、基金設立など金銭的支援の具体化などについて

3.今後の守谷市の自立した「地方政府」としてのあり方について
(1)「年齢別窓口編成」など今後の執行部の組織改革のあり方
(2)市長によるタウンミーティング実施の意義、「議会報告会」との機能の違い
(3)予算編成段階からの議会の更なる関与を歓迎するか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

守谷市議会議員 すえむら 英一郎

守谷市議会議員 すえむら 英一郎

誕生日:1977年9月20日
居住地:茨城県守谷市
学歴:つくば市立 茎崎第3小学校→守谷市立けやき台中学校→江戸川学園取手高等学校→立教大学文学部
趣味:読書、洋画鑑賞、犬の散歩、美味しいラーメン店の探索

2012年3月より、守谷市議会議員として市政に携わる

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る