「他流」に学ぶ

 

12512698_10153840661437930_8216420926039416874_n

本日は、お隣の野田市議会、遠藤達也さんがお忙しい中活動のお手伝いに来て下さいました。

地域回りをサポートして頂きましたが、さまざまお話しをしながらも、何というか営業スタイルのようなものに違いが感じられ、大いに刺激を受けました。

地域を回っていく上で、あいさつの作法、言葉の選び方、話の聞き出し方など、人によって色々なリズムや手法があるものです。私もずっと自分なりのやり方でやってきましたが、そこに疑問を抱かなかった、ある意味マンネリになってしまった部分があるのではないかと考えさせられました。

私の仕事は、個人事業主(営業職)のような部分がありますので、基本的に一人で手順ややり方を考え、一人で動くことが多いです。

その中で、創意工夫をしながら自分の仕事のやり方を作り上げていくのは面白いですが、時に「他流」を見聞きすることで、刺激を受け自分の手法のバージョンアップに繋げる良いきっかけにできることもあるのではないかと実感します。

今日は良い勉強となりました。ありがとうございました。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

守谷市議会議員 すえむら 英一郎

守谷市議会議員 すえむら 英一郎

誕生日:1977年9月20日
居住地:茨城県守谷市
学歴:つくば市立 茎崎第3小学校→守谷市立けやき台中学校→江戸川学園取手高等学校→立教大学文学部
趣味:読書、洋画鑑賞、犬の散歩、美味しいラーメン店の探索

2012年3月より、守谷市議会議員として市政に携わる

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る