問題がないからこそ無関心なのかもしれない

今日は、じっくり地域回りを行うことができました。

いろんな方にお会いして、肯定的な反応、否定的な反応、さまざまありますが、批判等される場合よりもある意味メンタルに来るのが、強烈な無関心の場合です。

中には、「市議会の末村です」などとご挨拶しても、「市?・・・の議会?」のような、理解できないといった反応をされ、宇宙人か何かを見るような目で見られる場合もあります。

要するに、国会だけでなく、市にも議会が存在するということが、その方の想像を絶することなのだろうと思います。

市内の課題に対して強い問題意識のある方や、生活上とても困っている事のある方は、必然的に行政や議員と話をする機会は多くなると思います。しかし、そういった関心の強い方々は、困っている事があるという意味で、少しだけ不幸と言えるかもしれません。

逆に無関心な方々は、問題がないから関心を持つ必要がないとも言え、問題視する必要はないのかもしれません。

しかしながら、当事者としてはいささか萎えますので、やはり情報発信や交流の方法をより工夫しなくてはならないかと悩みます。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

守谷市議会議員 すえむら 英一郎

守谷市議会議員 すえむら 英一郎

誕生日:1977年9月20日
居住地:茨城県守谷市
学歴:つくば市立 茎崎第3小学校→守谷市立けやき台中学校→江戸川学園取手高等学校→立教大学文学部
趣味:読書、洋画鑑賞、犬の散歩、美味しいラーメン店の探索

2012年3月より、守谷市議会議員として市政に携わる

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る