モコバスの利用人数等について

モコバスの利用状況 (平成24年4月~平成27年4月)

↑上のリンク先にてモコバスの利用人数等が発表されています。

【利用人数の推移】

●年間トータルの利用人数は、平成24年度が122,962人、平成25年度130,894人、平成26年度138,243人という推移ですので、毎年8000人くらいずつ、増えているようです。

●平成25年度からCルート(買い物・病院ルート)が新設されましたが、利用人数については目立った影響はないようにも感じます。最もルート増設といっても、トータル便数は変えていない、つまりA,Bルートを削って回している状態なので、ある意味当然なのかもしれません。

【税金による負担】

●運用コスト全体から利用者が支払う運賃を除いた金額を、毎年守谷市の一般会計から負担しており、負担額は約9000万円ほどとなっております。

●単純計算ですが、利用者一人につき、毎回700円ほどを税金で負担している計算になります。

 

モコバスの市税負担額については、議会でも問題視されています。

買い物に使う場合や通勤・通学に使う場合、高齢者の方が利用する場合や若い世代が利用する場合など、さまざまな利用状況の切り口が考えられますが、すべてを万遍なくカバーすることはできません(いくらでも増税してもよいなら話は別です)。

○○をカバーするという決断と同時に、○○はカバーしないというある種の冷徹な決断ができなくては、議論が前に進みません。また、非難されることを前提に決断するのは、政治の重要な機能の一つだとも思います。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

守谷市議会議員 すえむら 英一郎

守谷市議会議員 すえむら 英一郎

誕生日:1977年9月20日
居住地:茨城県守谷市
学歴:つくば市立 茎崎第3小学校→守谷市立けやき台中学校→江戸川学園取手高等学校→立教大学文学部
趣味:読書、洋画鑑賞、犬の散歩、美味しいラーメン店の探索

2012年3月より、守谷市議会議員として市政に携わる

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る