同じ正解を繰り返すだけで良いのかとも思う

さまざまな方から人生や仕事上のアドバイスを頂くことは多くあります。

それらのアドバイスは先輩方の人生経験、総括に基づいた真実であり、間違いなく正解の一つなのだと思います。

アドバイスを頂けることには感謝しつつも、先輩方つまり過去と同じ正解を繰り返すだけで良いのかと思う場合もあります。

 

私が素直じゃないのかもしれません。といっても、時代は常に動いていますし変わっています。

そのような意味で「今までこうやってきた、だから今後もそうすべきだ」だけが人類の真実だとも思えません。

何より人によって、同じ環境に置かれたとしても、目指すべき正義や理想は異なるはずです。つまり、正解は一つではありません。

アドバイスとは異なる新しい試みを取り入れる。紆余曲折があったとしても、それが最終的に振り返れば、新しい正解の一つとなる。

そんなことができれば、それが人生の醍醐味の一つなのかもしれないとも思います。

人のアドバイスを聞くことはすごく大事です。

しかし、人のアドバイスを聞く=その通りにするを必ずしも意味するものではなく、それを受けて自分がどう解釈して動くか。そこには人の数だけの正解と可能性がある。

そんな面白さがあるのかなと。

 

また、最終的には、自分自身を信じるしかないのかなとも思います。

人生において、こういう状況があった、それに対してこういう行動をして、結果として正解、不正解があった。

一つの総括をしたとしても、因果関係は複雑系であり、「こうしたからこうなった」は一つの仮説、ストーリーでしかありません。

自分の紡ぎあげる仮説、物語を信じるしかない。

人間そんなものだよなと前向きに自嘲したりもします。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

守谷市議会議員 すえむら 英一郎

守谷市議会議員 すえむら 英一郎

誕生日:1977年9月20日
居住地:茨城県守谷市
学歴:つくば市立 茎崎第3小学校→守谷市立けやき台中学校→江戸川学園取手高等学校→立教大学文学部
趣味:読書、洋画鑑賞、犬の散歩、美味しいラーメン店の探索

2012年3月より、守谷市議会議員として市政に携わる

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る