人間は「見たいものを見る」

中国4.0 暴発する中華帝国 (文春新書 1063) 単行本 – 2016/3/18

エドワード・ルトワック , 奥山真司・訳

41Sq6C8gnmL._AA324_PIkin4,BottomRight,-61,22_AA346_SH20_OU09_

Amazonのランキングが高かったので衝動買い。

戦略国際問題研究所シニアアドバイザー、エドワード・ルトワック氏へのインタビューをまとめたもの。すごく読みやすくて示唆に富んだ内容、おすすめです。

一番おもしろいなと思ったのが次の点、

●中国の最大の弱点は、歴史の長さ、規模の大きさ、複雑性から生じる慢性的な内向きの性向。中国のリーダーは外の世界を客観的に見ようとしない。変わりに自分たちに都合の良い世界を発明する。すなわち、中国は崇拝される世界の中心であり、カネもたくさんあるので、多くの国は押せば簡単に屈服するはずだなど。

●自分に計画に都合の良い世界を「発明」する、同様の過ちは1941年(真珠湾)時の日本、2003年(イラク戦争)時のアメリカも犯した。すなわち、真珠湾にある軍艦を失えばアメリカは屈服するはず、独裁者を排除すればイラク国民は民主化を望むはず。

人間は現実をそのまま見るのではなく、自分の中にあるストーリーにとって都合の良い「見たいものを見る」ということだと思います。

現在の我々日本人が「見たがっているもの」は一体何か。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

守谷市議会議員 すえむら 英一郎

守谷市議会議員 すえむら 英一郎

誕生日:1977年9月20日
居住地:茨城県守谷市
学歴:つくば市立 茎崎第3小学校→守谷市立けやき台中学校→江戸川学園取手高等学校→立教大学文学部
趣味:読書、洋画鑑賞、犬の散歩、美味しいラーメン店の探索

2012年3月より、守谷市議会議員として市政に携わる

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る