交通事故を起こすもの

http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20121123-00000047-ann-soci


「全国交通事故遺族の会」が21年の活動に幕

テレビ朝日系(ANN) 11月24日(土)11時45分配信

 交通事故で家族を亡くした遺族らでつくる「全国交通事故遺族の会」が、21年の活動に幕を下ろしました。
 全国交通事故遺族の会・井手渉会長:「声を上げようと始まった遺族の会は、その役割を終えた」
 遺族の会は、飲酒運転の撲滅や悪質な運転の厳罰化を訴え、ドライブレコーダーの普及などを行ってきました。21年前、遺族らがこの会を発足させた当初は、事故の死亡者が毎年1万人を超えていましたが、去年は5000人を切るなど、近年、死亡事故が減少し、最大で1200人を数えた会員も400人ほどに減ったことから、「一定の役割を果たした」として、会としての活動に幕を下ろしました。

最終更新:11月24日(土)16時49分

かつて3年ほど北海道に住んでいましたが、関東と違って道内の交通事故の発生傾向には「季節」が明確に影響していました。すなわち雪の影響です。


降雪が始まると事故が増えるのかと思いきや全く逆で、雪が降り始めると共に事故が急激に減っていき、4月下旬くらいに雪が無くなると、今度は急激に増えていきます。体感だけでなく警察の統計に明確に現れていました。

東京などの降雪の影響がほとんどない地域の事故発生率は、年中変わらないようです。


当然ですが路面がツルツルだと非常に運転はしづらいです。

私自身も何度か油断してヒヤッとしたことがありました。


かし危険だからこそ、運転手は非常に注意して運転します。

北海道は広いせいか、一般に荒い運転が運転が見受けられます。

しかし雪の季節には一変して、過剰なくらい皆慎重な運転になります。

これが路面状況の悪化などを上回り、事故率の低減効果をもたらしているのだと感じます。

結局事故は環境ではなく、乗っている人が起こすものなのだと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

守谷市議会議員 すえむら 英一郎

守谷市議会議員 すえむら 英一郎

誕生日:1977年9月20日
居住地:茨城県守谷市
学歴:つくば市立 茎崎第3小学校→守谷市立けやき台中学校→江戸川学園取手高等学校→立教大学文学部
趣味:読書、洋画鑑賞、犬の散歩、美味しいラーメン店の探索

2012年3月より、守谷市議会議員として市政に携わる

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る