習志野市議会から視察にお越し頂きました

視察のため、千葉県習志野市議会から4名の方にご来庁頂きました。

テーマは「守谷市動物の愛護及び管理に関する条例」について。

私としても、担当課と共に対応に参加させて頂きました。

 

習志野市さんは、守谷市と同様に保健所設置義務等のない自治体ですが、飼い主のいない猫の不妊・去勢手術費への助成を市事業として行っているそうでして、動物愛護に関しては、当市よりもよほど先進的ではないかとも感じます。

ご存知ですか? 地域猫活動 習志野市ホームページ

ただ、動物愛護条例等はまだ無いとの事で、条例制定を視野に入れての視察との事でした。

守谷市における動物愛護協議会の立ち上げから、条例制定に繋がる一連の経緯、現場における官民の連携、茨城県の近年の動きなど全般的に説明させて頂きましたが、少しでも参考になる部分があればと願います。

 

習志野市においても、例えば地域猫活動に際しての地域の合意形成の仕方、場合によっては地域でのトラブルに発展する事例など、守谷市とも共通する課題も大衡あるようです。

また、特に猫に関して、何をもって飼い主とみなすかなど、実務上必要な線引きには判断が難しい部分も多く、具体的に条例や規則を制定する際にも、切り口線引き等、自治体によってさまざまな工夫がみられるのが現状です。

習志野市さんの条例化も含めて、今後の活動に学ばせて頂ければと思います。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

守谷市議会議員 すえむら 英一郎

守谷市議会議員 すえむら 英一郎

誕生日:1977年9月20日
居住地:茨城県守谷市
学歴:つくば市立 茎崎第3小学校→守谷市立けやき台中学校→江戸川学園取手高等学校→立教大学文学部
趣味:読書、洋画鑑賞、犬の散歩、美味しいラーメン店の探索

2012年3月より、守谷市議会議員として市政に携わる

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る