インターンの学生さんと勉強会

11846268_733176446792654_1256046749_n

昨日は、インターンの学生さん達と勉強会を行いました。

取手市議会の飯島さんや市村さん、6名の学生さんとで、議会のしくみ、二元代表制のメリット・デメリット、社会主義とは何かといったテーマを通じて意見交換を行いました。

11857501_732757266834572_498159676_n 11830873_732757240167908_1195027018_n

イチから政治のイロハを考える機会は、中学や高校でもあまりないようです。

参加した学生さん達は筑波大学や茨城大学の学生さんですが、ほとんどが「二元代表制」をいう言葉を知らなかったのが印象的でした。

18歳からの選挙権が議論されている昨今、ちょっと学校のカリキュラムにも再考の余地がありそうです。

また、学生さんの一部はチームを組み、「未来国会2015」という若者による政策コンテストに参加する予定で、今のところ「農業、人とのつながり、ゆとり」という切り口でテーマが議論されているそうです。

今後とも、アイデア出しなどに私も協力できればと思いますが、今回の勉強会も1センチでも1ミリでも良い刺激になってくれればと願います。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

守谷市議会議員 すえむら 英一郎

守谷市議会議員 すえむら 英一郎

誕生日:1977年9月20日
居住地:茨城県守谷市
学歴:つくば市立 茎崎第3小学校→守谷市立けやき台中学校→江戸川学園取手高等学校→立教大学文学部
趣味:読書、洋画鑑賞、犬の散歩、美味しいラーメン店の探索

2012年3月より、守谷市議会議員として市政に携わる

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る