議会だよりの編集会議を行いました

kouhou shasin

12月議会も終わりましたので、広報特別委員会にて、議会だよりの編集会議を行いました。任期中最後の編集作業となります。

編集作業に関しては、各記事の配置や文章のてにをはの確認、写真の選定等まで行いますので、毎回3時間くらいは軽くかかります。

今日は2時間15分くらいで一段落できました。みんな忙しいというのもありますが、なかなか手慣れてきたのかなとも思います。

 

振り返ってみると、守谷市議会の中で単純な作業量で言えば、広報特別委員会がNo1だと思います。

タブレット端末の導入によるペーパーレス化や議会だよりのリニューアルが大きな作業でしたが、何回会議等をやったかは正直わかりません。少なくとも、数十回単位でやっているようです。

執行部から議案の上程を受けて指摘をするのではなく、イチから自分たちで作り上げる作業ですので、最初は完全に手探りでした。

議会だよりの編集も今回で4回目になりますが、何とか形にできて良かったと思います。

 

これからの議会は、自分たちで何かを作り上げる作業をより多く行っていかなくては、存在感を発揮できないでしょう。

そのためには、議会内部の足の引っ張り合いに汲々とすることなく、ある程度チーム議会のようなものを目指す感覚が必要不可欠になるように思います。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

守谷市議会議員 すえむら 英一郎

守谷市議会議員 すえむら 英一郎

誕生日:1977年9月20日
居住地:茨城県守谷市
学歴:つくば市立 茎崎第3小学校→守谷市立けやき台中学校→江戸川学園取手高等学校→立教大学文学部
趣味:読書、洋画鑑賞、犬の散歩、美味しいラーメン店の探索

2012年3月より、守谷市議会議員として市政に携わる

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る